menu

自分を大事にすることからはじめましょう

フォローアップは学びの実り満載!

公開日:2018年03月15日 カテゴリー:ひとみの部屋 タグ:, ,

埼玉県男女共同参画推進センター(With You さいたま)での育自のための小さな魔法全4回終了しました。

今日は、最終回。
Part1から3を終わって2週間、時間を置いてからその後の自分の変化についてシェアをしました。

 

名言もたくさん、出ました。

「しゃべる、ほめる、やる!」でこんなに変わるんだ。という感想。
みんな、本当に自分のことを喋って、ほめほめられ、そしてやる、という繰り返しで自分を発見する。そして、自分の好きなことならやり続けられるので、この1ヶ月半で「なんとかなる!」って思えるようになったという。
これはまさに、自分に対する信頼感が生まれたってことだ。自信ができた、ってことだ。それはすごいなあと思う。

その他にも、違和感を伝えてくれた人もいるし、その違和感から気づいたこともある。
違和感を言ってもらうと、場が安心する。「違和感を言ってもいいんだ」と。

 

みんな、自分の好きを日常でやったからこその気づきがたーくさんあって、それを話している時の表情が本当にキラキラしてました。
全員の気づきを毎回、板書して、それを見ながら対話する。すると、本当に参加者の皆さんの感性は素晴らしく、どんどん深まる時間でした。

そして、「講座は終わるけれど、これでさよならは寂しいので、つながっていったらいいと思うけれど、どうかな?」せっかくのご縁でお互いオープンに話ができるようになった仲間。どうつながりを作るか?をみんなで話し合いました。すでに、一昨年、昨年と受講した参加者が作っている同窓会があり、そこに入るということになった。

育自の魔法を受けて、よかったー!とみんな言うけれど、その後、パーっと解散しちゃうと、また散り散りになってしまうのが、もったいないと常々思っていたので、こうやってつながってコミュニティになっていくのはすごく嬉しい。参加者の人たちの主導でコミュニティが生まれていく。

 

育自は、自分を大事にすると、人とつながりができ、コミュニティが生まれ、そしてそのコミュニティが社会に影響を与えてゆく。育自モデルをまた、目撃した1ヶ月半でした。
私もこの1ヶ月半でだいぶ気づきが起きて、変化があったなあ。
本当に楽しい1ヶ月半でした!ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA