menu

自分を大事にすることからはじめましょう

「介護のための小さな魔法チーム」が発足しました

公開日:2016年12月10日 カテゴリー:未分類 タグ:

育自の魔法のなかで、介護に関する話し合いの場がもたれました。

そこには、育自の魔法のファシリテーターの中から、
ケアマネ、通所施設の職員、介護施設の看護師、介護職を育てる講師、
介護している家族といった
介護が日常に存在しているメンバーが集まりました。

育自の魔法のファシリテーターの中には、
介護現場で働いている人や介護している家族の方など
介護に関わっている人は少なくありません。

そんな中、
育自の魔法 代表理事 山口のご家族が介護認定されたことから、
介護する家族の気持ちをシェアできる場があったらいいな、
介護職の人たちが燃え尽きないように話せる場があったらいいな、
そんな想いから呼びかけられた、この話し合いの場でした。

しかし、それぞれが、それぞれの立場、視点で話される内容は、
みんなの現場の話に感心して聞き入る時間でもあり、
介護を立体的に感じる時間ともなり、
介護に関する認識を改める機会にもなった様です。

介護に関わっている人は、感謝もされることも少なく、
燃え尽き症候群(バーンアウト症候群)になってしまう人も
いらっしゃるという話も聞きます。

そうならないようになって欲しい。

そんな気持ちから、
介護する家族の立場、介護する人の立場、
そこに育自の魔法のこれまでの経験を付与し、

もっと自分を大事にすることからはじめる育自を届けたい。

そして、
介護の現場に育自の魔法を提供していくという新しい取り組みが始まりました。
名付けて『介護のための小さな魔法』です。

今後どうなっていくか、応援していってくださいね。

コメント

  1. 長友 幸代 より:

    こんばんは。
    私は介護職(今は施設相談員)をずっとやりながら、認知症の母親と同居しています。仕事で慣れているとはいえ…恥ずかしながら、自分の親には感情的になってます(-_-;)
    私もたくさんの人のご縁で助けてもらいながら、仕事を続ける事が出来ています。仕事では、ご家族さんやご本人から、いろいろな思いを聴くことがあります。また、職員のストレスなどみてきて、何か出来る事がないかってずっと考えていました。
    是非、何か協力出来る事があれば、協力させていただきます。

    • やまひとみ より:

      長友さま
      代表の山口ひとみです。
      コメント、ありがとうございます!
      なんと嬉しいお申し出、ありがとうございます。
      きっと、一番身近かだからこそ、家族の介護はする方もされる方も感情的になりますよね。長年の思いの思いの積み重ねもありますし。プロだから、ということで言えば、人の話を聴く仕事をしているのに、父の話は聴けません(笑)
      他人の方が客観的に聴けたりするものですよね。だから、介護のための小さな魔法が出来たらいいなと思います。
      是非、一緒にやりましょう。
      育自の魔法のアドレスまで、ご連絡下さいませ。
      ikujinomahou@gmail.com
      お待ちしております!

  2. 西村央絵 より:

    ひとみさんへ
    西村央絵です
    お久しぶりです😆🎵🎵
    チームに参加したいですが何か条件はありますか
    今の仕事は介護事業所で待遇改善や介護ロボット研究開発介護離職0運動の取り組みを企業に対しておこなっています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA